愛知・三重・岐阜の遺品整理・空家整理なら株式会社ピアルカ「乗らなくなった自転車の処分方法は?人に譲るときの注意点」ページ

愛知・三重・岐阜の遺品整理・空家整理なら株式会社ピアルカ「乗らなくなった自転車の処分方法は?人に譲るときの注意点」ページ

施工事例・ブログ

BLOG
2021.01.25 ブログ

乗らなくなった自転車の処分方法は?人に譲るときの注意点

乗らなくなった自転車が、そのまま家に放置されている…なんて人も多いのではないでしょうか。引っ越しのときに処分するかどうか迷う人もいると思います。自転車のように大きなものだと処分する方法がわからない…と困っている人もいるかもしれません。
なかには知人に譲ろうと考えている人もいるのでは?自転車の場合、どうやって処分したらいいのか、また譲るときの注意点についてもご紹介していきます。

自転車の処分方法は?


古くなり壊れて修理が必要な自転車などは、そのまま処分する人も多いのではないでしょうか。自転車の処分は、一般のもえるごみやもえないごみには出せないので「粗大ごみ」として回収してもらうようになります。
自治体によっても粗大ゴミの出し方が違いますが、インターネットや電話から粗大ごみの申込みを行うようになります。ただし、事前予約制になるため、すぐに回収してもらえるわけではありません。
特に年末年始や引っ越しシーズンなどの繁忙期になると、2~3週間ほど時間がかかってしまうこともあります。そのため、自転車を処分したいと考えている人は、早めに依頼したほうが懸命です。
また、車があり家の近くに「ゴミ処理場」がある人は、直接持ち込んで処分してもらう方法もあります。自転車以外にも一緒に処分したいものがあれば処分場まで持っていくことで、まとめて処分することもできます。
数キロ単位で数百円程度とかなり費用を抑えて処分できることもあり、自転車を安く処分したいと考えている人にも最適です。ゴミ処理場も自治体によっては予約性を採用しており、事前に電話やインターネットで連絡する必要があることも。
そのため、お住いの地域はどんな決まりがあるのか確認しておきましょう。
他にも買い替え時に自転車さんで処分して貰う方法もあります。自転車の買い替え時にそのままお店に自転車を持っていくと、引き取ってもらうこともできます。引取価格は1000円前後になることが多く、自転車が手元にない期間ができない分、頻繁に使う人にもおすすめです。

自転車を人に譲るときの注意点


自転屋が比較的新しく、まだまだ使えるものであれば友人や知人に譲り渡す人もいると思います。処分費用がかかりませんし、喜んでもらえることを考えると、お互いにとっても嬉しい方法といえるのではないでしょうか。
ただし、自転車を譲る場合は「防犯登録」の抹消手続きを忘れずに行う必要があります。防犯登録の抹消は、交番や警察署にて行うことができます。自転車屋さんで購入した人は、もしかするとそこで抹消手続きをお願いできることもあるので、一度相談してみてください。
都道府県によってもこの辺りは細かなルールが設定されています。そのため心配な場合は調べてみたほうがいいかもしれません。
自転車の防犯登録を抹消するときに必要な書類は以下のとおりです。

自転車防犯登録カード
身分証明書
防犯登録が済んでいる自転車

以上の3点が必要になります。
ちなみに自転車防犯登録カードは、最初に保証書と一緒に渡されるカードのことを言います。なかにはすでに紛失してしまった…なんて人もいるかもしれません。もし家のなかを探しても見つからないときは、「自転車商防犯協会」に問い合わせをして、一度番号の抹消や廃車願いを出してもらう必要があります。
自転車の購入時に登録すると、10年間は友好になります。自宅にあり10年以上経過してしまった自転車は自動車防犯登録カードの手続きが必要になると覚えておきましょう。

不用品回収業者に依頼する方法もある


自転車の処分方法として不用品回収業者に依頼する方法もあります。例えば手元にある自転車をすぐに処分したいときや他にも不用品があって、まとめて処分したいときは不用品回収業者に依頼する必要があります。
電話一本ですぐに回収してもらえるケースも多く、運び出しも依頼できるので、捨てるときの余計な手間がかかりません。費用面はかかってしまいますが、急ぎで処分したいなど“手軽さ”を重視したい人にはおすすめです。
不用品回収業者に出すときは、その後本当に正しく処分されているのかの問題もありますので、必ず防犯登録の抹消手続きを済ませたうえで回収してもらうようにしましょう。
また、フリマアプリやオークションなどのリサイクル業者に回収してもらう方法もあります。リサイクル業者の場合、必ず引き取ってもらえるとは限りませんが、処分費用を抑えて片付けられるので、新しくきれいな自転車は検討してみてもいいと思います。

まとめ


乗らなくなった自転車の処分はもちろん、知人や友人に譲るときも防犯登録の抹消など気をつけなくてはいけないことがたくさんあります。自転車は登録があるからこそ、そのまま何もせずに処分に出すのはリスクがあるので注意してくださいね。
自転車の状態によってはリサイクル業者の買取なども期待できますので、幅広く処分する方法を検討してみてくださいね。

ピアルカでは、遺品整理、生前整理を始め、倉庫の整理、空家の処分、定期清掃など、あらゆるお片付け作業をお手伝いをしています。
みなさんや地域に貢献できるように真心込めて作業致します。
お困りの際は是非お問い合わせください。
もちろんお見積もりや各種ご相談は無料で行なっております。

LINEで簡単見積もりについて

友だちに追加する方法は3つあります。ご都合に合わせてお選び下さいませ。

下記の友達追加ボタンから

お友達に追加

QRコードはこちら

ID検索

@pialca
※@も入力してください。

ラインでお見積もりの詳細につきましてはコチラをご確認ください。