愛知・三重・岐阜の遺品整理・空家整理なら株式会社ピアルカ「どこの家にもある?クリアボックス(衣装ケース)は自治体で処分できる?」ページ

愛知・三重・岐阜の遺品整理・空家整理なら株式会社ピアルカ「どこの家にもある?クリアボックス(衣装ケース)は自治体で処分できる?」ページ

施工事例・ブログ

BLOG
2021.03.04 ブログ

どこの家にもある?クリアボックス(衣装ケース)は自治体で処分できる?


クリアボックス(衣装ケース)といえば、洋服が寝具などさまざまなものを収納するのに使える便利なアイテムです。シンプルなデザインなのもあり、どこのご家庭にも1つはあるのではないでしょうか。クリアボックスによってもサイズ感が異なりますが、長く使っているうちに歪みが出てくる変色などの理由で、処分を考える人もいると思います。意外と知らないクリアボックスはどのように処分したらいいのでしょうか。

クリアボックスは大きさによってはもえるごみで処分できる?


クリアボックスがもえるゴミやもえないごみとして処分できるかどうかは、お住いの自治体によっても違います。基本的にはプラスチック製なので、もえないごみもしくは大きさによって粗大ごみとして処分することになります。ただし一部の自治体ではもえるごみに分類されることもありますので、どの方法になるのか事前に確認しておくと安心です。クリアボックスの1辺が30cm以上のものをそのまま処分しようとすると、粗大ごみになります。そもそもクリアボックスの多くが収納を目的にしているので30cmを超えてしまうなど大きめなものがほとんどだと思います。(自治体によっては50cm以下など基準が違います)また、どうしてももえるごみとして処分する場合は、クリアボックスを解体して捨てる必要があります。プラスチック製のものを解体するのは簡単ではありませんし、のこぎりなどの専用道具が必要になります。他にも自治体によっては「資源ごみ」として回収しているところもありますし、クリアボックスなどの呼び方も違うので注意してくださいね。

クリアボックスを処分するための方法は


クリアボックスを処分するための種類や、具体的なやり方について説明します。

自治体の回収を利用する

先程も少し説明しましたが、自治体の粗大ごみやもえるごみとして処分してもらうのが一般的だと思います。粗大ごみの場合は事前に「粗大ごみセンター」に電話で予約をして、ごみ処理券を購入し、回収日当日に所定の場所に運び出します。クリアボックスのなかに入っているものは、粗大ごみとして回収ができません。そのため、入ったまま出してしまうと回収してもらえなくなってしまいます。事前にクリアボックスの中身を出したものを、所定の場所に運び出すようにしてくださいね。自治体の回収は当日の立ち会いも必要ありませんが、予約が必要なのもありすぐに処分できないこともあります。回収日まで自宅で保管しておかなくてはいけないので、この辺りは注意しましょう。急ぎで処分したい人にはおすすめしません。

不用品回収業者を利用する

クリアボックスの数が多かったり、他にも一緒に処分したいものがあるときは不用品回収業者を使って処分する方法もあります。引越しなど急ぎで処分したい人にとっても、電話一本で回収に来てくれるので、忙しい人でも安心です。ただし、不用品回収業者を利用するうえでクリアボックス単体の回収を依頼すると、余計に割高になってしまいます。そのため使わなくなり処分を考えている家具や家電を一緒に処分してもらうのがおすすめです。トラック乗せ放題で1万円などのお得な回収もあります。自宅からの運び出しも依頼できるので、重いものを運ぶ必要もありません。不用品回収業者を使えば、あっという間にクリアボックスも回収できますよ。

リサイクルショップを利用する

クリアボックスでも状態がよく汚れや傷が目立たないものであれば、リサイクルショップなどの買取に出す方法もあります。クリアボックスはもともとの価格が高いものではないので、買取価格が期待できるのもではありません。でも処分すると費用がかかることを考えると、少しでも費用を抑えて処分したい人にとっても、リサイクルショップはおすすめです。直接リサイクルショップに持ち込む場合もあれば、出張買取を利用することもできます。ただし出張買取は費用を差し引いた買取額になってしまうので、余計に下がってしまいます。リサイクルショップが家の近くにあるなど、持っていくのが手間でなければこの方法を選択してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ


自宅にある使わなくなったクリアボックス(衣装ケース)の処分に困っている人も多いのではないでしょうか。とても便利なケースではあるものの、使わなくなると場所もかさばりますし折りたたんでしまえるわけではないので、処分を検討する必要があります。特に引越しなど部屋のレイアウトが変わると使わなくなることも多いと思います。クリアボックスを粗大ごみとして処分するのか、リサイクルショップで買取してもらうのかによっても違います。ただし、他にも回収してもらいたいものがあるときは、不用品回収業者を使うのもおすすめです。クリアボックスを解体するのが、なかなか難しいので初心者にはおすすめしません。クリアボックスの処分方法を検討してみてくださいね。

ピアルカでは、遺品整理、生前整理を始め、倉庫の整理、空家の処分、定期清掃など、あらゆるお片付け作業をお手伝いをしています。
みなさんや地域に貢献できるように真心込めて作業致します。
お困りの際は是非お問い合わせください。
もちろんお見積もりや各種ご相談は無料で行なっております。

LINEで簡単見積もりについて

友だちに追加する方法は3つあります。ご都合に合わせてお選び下さいませ。

下記の友達追加ボタンから

お友達に追加

QRコードはこちら

ID検索

@pialca
※@も入力してください。

ラインでお見積もりの詳細につきましてはコチラをご確認ください。